【飛行機輪行】FDAスポーツ用自転車搭載サービス利用レポート

(昨年、Facebookにアップした記事ですが、備忘録としてブログの方にも転載します。)

〜目次〜

 

はじめに

昨年、BRM1021熊本600kmへの移動は、県営名古屋空港からFDAの飛行機を利用しました。

飛行機での輪行は初めてなのですが、FDAにはスポーツ用自転車搭載サービスという自転車乗りには嬉しいサービスを展開してて、今回はこのサービスを利用したので少しレポートします。

このスポーツ用自転車搭載サービスは、FDAコールセンターにて搭乗日の3日前までに電話で申し込むと、バイクを収納するケースを無料で借りることができるサービスです。

専用ケースの仕様は、プラスチック段ボール製で、サイズは幅 1,150mm x 高さ 810mm x 奥行 305mm

事前に調べたところ、このケースは「ACORバイクポータースマート」というのがベースになってるようで、ハードケースに収納するには、ペダル外すのとシートポストを下げる必要があるみたいです。

 

空港チェックインから荷物預けまで

県営名古屋空港に到着して、自動チェックイン機の前で輪行袋を担いだ状態でウロウロしていたら、FDAの係の人から「スポーツ用自転車搭載サービス利用の方ですね?」と声をかけていただき、すぐにケースを持ってきてくれました。

f:id:bumpy_ride:20171020151921j:plain

フロアの邪魔にならないところで、ケースへの収納作業を開始。

輪行袋からバイクを取り出し、フレームとホイールと接触する箇所に緩衝材を巻いてケースへ収納

・結果的には、私のフレームサイズでは、シートポストを下げなくても収まりましたが、やはりペダルを外す必要はありました。(往路は両方外しましたが、復路の時は片側だけでも納まりました。)

・最後に、バイクがケースのフロントバックやサドルバック、ヘルメットをケースの隙間に詰め込み、蓋をしめて完了

・注意点としては、預けられない荷物(リチウムイオンバッテリー等)が、ケースの中に誤って入らないように事前に荷物の仕分けをしておくことと、念のためタイヤの空気圧力は下げてケースに収納しました。

f:id:bumpy_ride:20171020153423j:plain
↑ケースへの収納状況。長手方向は、かなり余裕がありますが、幅は結構ギリギリ。縦方向は、私のフレームサイズでは余裕があり、シートポストは下げなくても収まりました。

f:id:bumpy_ride:20171020153609j:plain
 ↑ケース収納後の状態

あとは、荷物検査をうけて手荷物カウンターに預けて完了〜

手荷物で預けた後は、FDAスタッフの方が、更に養生テープで固定を補強していました。

到着空港での受け取り〜バイク組み立て

熊本空港に到着すると、すぐに手渡しでケースを受け取ることができて、ケースの中のバイクも全然問題無しでした!

また熊本空港のサービスカウンターでは、フロアポンプを借りる事ができるので、空気を抜いたタイヤへの充填も楽々でした。

これは本当に有り難かったですね。

 

利用には注意点も

県営名古屋空港からは、全国各地にFDAの航路があるので、これは利用しない手はないなと思います。

一方で、このサービスを利用する人はまだまだ少ないようで、熊本空港からの復路であったことですが、、、

受付でケースの利用を申し出た後、折り畳まれたケースを係員3人がかりで取扱説明書を読みながら組み立て始め、15分くらいかかってやっと組み立てあがったと思ったら、ベルトを通す向きが反対で、結局、自分でベルトを通し直すというハプニングがあり、バイクの荷物預けの手続きに凄く時間がかかってしまいました。やはり時間には相当の余裕を持って利用するのが良いと思います。

f:id:bumpy_ride:20171023132612j:plain

↑復路でレンタルしたケース。こちらのタイプは、ベルトで蓋を固定するのですが、初めてだと組み立てに苦労する可能性大です。

三度目の正直で初SR?!BRM901上越600km 新潟くるり

昨年のBRM1021熊本600km(DNF)、今年のBRM602和歌山(DNF)(ブログまだアップできてません汗)に続いて3回目の600kmチャレンジとして、オダックス近畿さんの”BRM901上越600km 新潟くるり”に参加してきました。

先月から引きずっている腰痛や悪天候など不安満載ですが、3度目の正直で今度こそSR獲得を目指して走ってきました!

 

前日〜スタートまで

名古屋駅から長野駅まで特急しなの、長野駅から上越妙高駅までは北陸新幹線で移動しました。長野駅で待ち時間もあったりして、トータルの移動時間は5時間くらいでした。上越遠かったわ〜(^^;;

f:id:bumpy_ride:20180831152829j:plain

今回は駅前のアパホテルに前泊です。
夕食と明日の準備をして20時すぎに就寝するも、早く寝なきゃと思うと寝れなくなる豆腐メンタル発動で結局ほとんど眠れなかった。
3時に起床してフロントに荷物を預けチェックアウトしスタート地点である上越妙高駅へ。

それにしても、ホテルの目の前がスタート地点というのは有難い〜(^^)

f:id:bumpy_ride:20180901042948j:plain

バイクを組み立てて受付、ブリーフィングへ

f:id:bumpy_ride:20180901044430j:plain

 

5:00 上越妙高駅 スタート!

上越妙高駅をスタートして、300m級の峠をいくつか越えながら、上越十日町を抜けて魚沼へ向かいます。

スタート直後は小雨、次第に本降りの雨に。とはいえ、風はなく大雨というほどではない。天気予報では午後から回復するみたい。気温は20℃くらいで暑くもなく寒くもない。

雨天走行だと慎重に走るので、かえってペースを守れてよかったかもしれない。

f:id:bumpy_ride:20180901061614j:plain

峠では熊出没注意の看板にビビりながら走る。持ってきた熊鈴をハンドルに取り付ける。

魚沼に入ってもずっと雨。この辺りの民家のガレージや物置が、揃ってみんなカマボコ型になってるのが面白い。豪雪地帯だからかな?
f:id:bumpy_ride:20180901100652j:plain

 

10:21 PC1 セブン-イレブン 魚沼広神下田店 到着!(93.6km地点)(貯金55分)

ここから序盤の山場、標高750mの六十里越となります。長い上り坂ではあるけれど激坂区間はそれほど多くはなかったです。消耗しないように軽いギアでくるくる回すよう意識しながらのんびり登る。天気も小雨から曇りへと回復してきました。

そして、六十里越トンネルを抜けて新潟県を抜けて福島県只見町へ!初福島です!

f:id:bumpy_ride:20180901130513j:plain

トンネルからは、田子倉湖の絶景を見ながらのダウンヒル

f:id:bumpy_ride:20180901131415j:plain

カーブにはガードレールじゃなくてコンクリートのでかいブロックが設けられてて、万が一、オーバースピードで衝突しようものなら確実にあの世行きになりそう。絶景ダウンヒルを楽しみつつも慎重に下ります。下りきって只見湖を抜けて只見の街へ。

 

14:03 PC2 セブン-イレブン 魚沼広神下田店 到着!(145.5km地点)(貯金41分)

f:id:bumpy_ride:20180901140918j:plain

ここからは、只見川沿いを基本下り基調でひたすら走る快走区間です。景色も素晴らしく、しかも色々な表情を見せてくれるので飽きることなく超楽しい〜(^^)

f:id:bumpy_ride:20180901155903j:plain

青空も見えてきてペースを上げたくなるけど、調子に乗りすぎると後で絶対タレそうなので軽く回すように心がける。

この辺りは、会津〇〇と頭に会津がついた地名が多く、ああ「ふぐしま」まで来たんだな〜と感慨にふけりながら走りましたw。

会津坂下町で、只見川沿いから離れ市街地と田園区間を抜けて喜多方へ。喜多方に向かう途中、右手前方に見えたのは磐梯山かな?

f:id:bumpy_ride:20180901181624j:plain

 

18:31 PC3 セブンイレブン喜多方桐桜高校前店到着!(224.6km地点)(貯金1時間29分)

PC3からPC4へはコース前半の大ボスである標高688mの大峠を越えて山形に向かいます。予定では、ここで喜多方ラーメンでも食べてグルベしたかったのですが、仮眠時間の確保を考えると時間的余裕はあまり無いのでコンビニ補給でリスタートしました。

ナイトライドに突入し、しかもこの辺りは熊の目撃情報も多いみたいで一人で登るのは嫌だな〜と思っていたら、関東から参加のランドヌールの方とペースが合ったので色々と話しながら一緒に登りました。自分と同じく、今回で初SRを狙っているとのこと。

K333からR121の大峠道路に入ると、ここからトンネルがいくつも続く区間。交通量は少なめだったので、さほどトンネルの怖さはなかったけど、トンネル内の路面がタイル状になっているのが結構ストレスでした。

ピークの地点で、ダウンヒルに備えてレインウエアを着るため停車。ここで再びソロライドに。

ピークから全長3,940の大峠トンネルを抜ける。トンネル内は、なぜか外よりも気温が高く蒸し暑い。メガネがくもるくもる。

そして大峠トンネルを抜けて山形県米沢市へ!初山形!!

米沢市街までは暗い山の中を一人でダウンヒル。めちゃ心細かった。

市街地に入って、あまり時間に余裕はないのだけど、途中のセブンのイートインで夕食を兼ねて30分ほど休憩。今日、椅子に座って食べるのこれが初めてかも。

 

23:11 PC4 ファミリーマート赤湯温泉店到着!(287.2km地点)(貯金57分)

今野さんがチェックでお出迎えして下さいました。私の後ろに2人いるとのことでしたが、後の情報で既にDNSされていて私が最後尾だった模様。

f:id:bumpy_ride:20180901231224j:plain

ここからは、折り返し地点である山形市へ向かいます。リスタートして少しだけ登ったら、ほぼ下り基調なのですが、すごい濃霧が発生していてスピードを出せず距離をあまり稼げれなかった。山形市街に入ってようやく霧は晴れてきました。

f:id:bumpy_ride:20180902010136j:plain
↑折り返し地点の山形駅


1:05 PC5 ファミリーマート山形駅東口店到着!(316.8km地点)(貯金1時間3分)

 PC5では東北のランドヌールの方が、応援でお出迎えしてくださいました!

f:id:bumpy_ride:20180902010922j:plain

もう疲労困憊だし腰の張りもかなりの状態ですが、少しでも仮眠時間を確保すべく、補給食の調達とライトのバッテリー交換をして直ぐに出発。

ここから来た道を折り返してPC4があった赤湯温泉まで戻ります。

 

3:25 通過チェック ファミリーマート赤湯温泉店到着!(346.5km地点)(貯金53分)

走行計画では、367km地点の「道の駅いいで」で1時間ほど寝る予定でしたが、予定よりも大分遅れているため、ここでコンビニの壁にももたれかかって少しウトウトと10分ほど仮眠をとりました。

ここからは、R113で標高359mの宇津峠を越えて再びの新潟県を目指します。宇津峠は、ルートラボのコースプロフィールでは大した峠ではなく、全然ノーマークだったのですが、実際にはかなり疲労困憊だったのと思ったよりアップダウンが多くてキツかった。。。

ここまで膝に痛みが出ないようにペースを抑えて軽く回すように走っていたのですが、あまりゆっくり走っているとPC6でタイムアウトになる可能性が出て来て、負荷を上げて坂を登る。そして、なんとか県境の峠を越えて再び新潟県へ!

f:id:bumpy_ride:20180902084506j:plain

ここからPC6まではほぼ下りのはずなんですが、思ったより勾配はゆるく登り返しもあってペースは上がらず。ここで眠気のピークもきて、迂闊にも一瞬意識が飛んてヒヤリ。これは危ないと思って、歩道で10分ほど仮眠しました。

f:id:bumpy_ride:20180902092552j:plain
↑さすがに歩道に横になって寝てると行き倒れと思われて通報されそうなので、反射鏡のポールにもたれ掛かって寝てました。まあそれも車のドライバーからみたら何だろと思いますよね(^^;;

9:52 PC6 セブンイレブン新発田カルチャーセンター前店到着!(443.7km地点)(貯金44分)

f:id:bumpy_ride:20180902095616j:plain

頑張って負荷を上げて走ったので、なんとかクローズに間に合ったものの、その代償として予想通り膝に痛みが出てきてしまいました。漕ぎ出しの時やちょっとした上り坂でもかなり痛い。

この辺りで頭の中にDNFの文字が浮かんでは消えを繰り返すのですが、とりあえず次のPC、そしてまた次のPCまでは頑張ろうと走ってました。

新発田の市街地を抜けると、広い田園地帯を抜けていく。あまりにも同じような景色が続くので、デジャブのように「あれ?さっきここ通らなかったっけ?」みたいな感覚になりました。

f:id:bumpy_ride:20180902110308j:plain

次のPCまで、ほぼ平坦なのはとても助かったのですが、あまりにも単調で眠気との戦い。常にどこか仮眠できそうな所はないかと探しながら走ってました。

田園地帯を抜け信濃川沿いの堤防道路へ。これまた単調で眠気を誘う道で、再び10分ほど仮眠。

 

13:52 PC7 セブンイレブン 燕八王寺店到着!(500.4km地点)(貯金28分)

PCに到着するも誰もおらずで、前走者からはかなり離れているみたい。いつタイムアウトになってもおかしくないけど、行けるとこまで頑張ろうとリスタート。

先ほどまでのド平坦な感じから若干里山っぽい雰囲気になって、少しアップダウンも出てきた。膝の痛みが辛い。筋肉疲労や眠気も酷く、ペースが極端に落ちて来た。

このまま走っていてもジリ貧だろうということで、借金ギリギリまで30分ほど仮眠することにしました。

f:id:bumpy_ride:20180902160443j:plain
↑どこか仮眠できる所はないかなと走っていて見つけたのがこの駅のベンチw

この仮眠が効いたのか少し体力回復。そこそこのスピードで巡行できるようになりました。

そして、、、

 

17:26 PC8 セブンイレブン柏崎西港町店到着!(554.0km地点)(貯金20分)

どこかでタイムアウトになるだろう思っていたのに最後のPCに間に合ってしまった!
残り約50kmを3時間半で走れば完走です。今の体の状態を考慮しても決して無理では無さそう!

こうなると不思議と力が湧いてきて眠気や膝の痛みがどっか行ってしまいましたw

ここから海岸線沿いのR8へ。夕日の海岸がとても綺麗でした。

f:id:bumpy_ride:20180902174802j:plain

と、ここで雨がポツリポツリと、、、。雨雲レーダーで確認すると、進行方向に局所的な雨雲ががが。しかも結構赤い。

レインウエアの上だけを着て雨雲に突入。けっこうな土砂降り。

交通量の多いR8は大型車もバンバン通っていて、しかも荒れている路肩の路面が雨水でよく見えない。下り区間では本当に怖かった。

慎重にR8を走ってK30に入り上越市に戻ってきました!

時間的にも十分余裕ありで、あとはゴールするのみ!ですが、ここからがメチャ長く感じた。しかも、完走が確実になって少し気が緩んだのか、さっきまで消えていた膝の痛みが倍になってブリ返して来た・・

とにかく辛かった終盤ですが、ゴールの少し手前でパニアな人に追いついて、少し話しながら走れたので気がすこし紛れました(^^;;

 

そして、、、、


20:30 finish!フルサット(上越妙高駅西口)到着!(604.8km地点)(39時間30分)

f:id:bumpy_ride:20180902203849j:plain

クローズ30分前に到着!!初SR確定です!!

やはり私が最終走者だったようで、今野さんに「よくこのタイムで諦めずに走りましたね〜」と呆れられました(^^;;

すでにゴールしていた他のランドヌールの方々が、ゴール受付会場である上越妙高駅のフルサット(立ち呑みコンテナ街)で祝杯を上げていたので私も早速ビール!(^^)

f:id:bumpy_ride:20180902204209j:plain

もう最高の美酒になりました!

この後、地酒を1杯いただいてホテルへ。お風呂に入ってベットに横になったら瞬殺で寝てましたw

 

今回、新潟や福島、山形を走っていて特に印象的だったのは、数々の素晴らしい景色もですが、この地域のドライバーの方々の優しさでした。

ダンプやトラックの大型車、乗用車の車種を問わず、自転車を追い抜く際に大きく車間を取って抜いてくれるのです。対向車がいる場合は無理に抜かず対向車が切れるまで抜くのを待っていてくれる。

豪雪地帯というこもあり路肩は路面がかなり荒れているので、車間をあけて抜いてくれるのは、本当に安心感があって助かりました。

本当にギリギリ隊ながらも無事600km走り切れたのもこのおかげだと思います。またぜひ走りに来たいと思います(^^)

 

走行ログ(Strava)
https://www.strava.com/activities/1813985806

BRM421近江八幡400km 鯖寿司、温泉、出石蕎麦

1月の近江八幡200km、2月の追い風400kmに続いて、今年3本目のブルベは、オダックス近畿さん主催の「BRM421近江八幡400km 鯖寿司、温泉、出石蕎麦」に参加してきました。

このブルベは、近江八幡をスタートして琵琶湖湖岸から琵琶湖大橋を渡り、花折峠から小浜への鯖街道若狭街道)を進み、舞鶴天橋立と抜けて城崎温泉へ。

復路は蕎麦で有名な出石に立ち寄り、福知山、亀岡、京都と巡り近江八幡に戻ってくるというもの。

コース上には、近畿北部の観光名所が点在しており、ブルベの副題からも、一見、何とも”ゆるふわ観光ブルベ的な雰囲気”のように見えますが、その実はアップダウンが多く相当脚を削られとてもキツいコースでした。

当日の朝、4時に自宅をスタートして近江八幡へ。近江八幡駅の駐車場に車を停めてスタート地点へ移動。スタート地点近くのコンビニで、カズさんと小川さんが談笑されているのを見つけて、ご挨拶と今年のブルベ計画などについて少しお話して受付へ。

6:30 ブリーフィング

f:id:bumpy_ride:20180421063059j:plain

↓今回のバイク装備はこんな感じ。ブルベマウント(写真右)も実戦初投入です。

f:id:bumpy_ride:20180427092915j:plain

7:00 スタート!

スタートしてしばらくは、KUWANAさんやトントンさんのトレインの後ろに付かさせてもらって良いペースで進んでいく。序盤から快速トレインに出会えてラッキーと思っていたら、、、

f:id:bumpy_ride:20180421073323j:plain

 琵琶湖大橋の少し手前(18km地点くらい)でパキーンと不吉な金属音がががが!

バイクを止めて見てみると、予想どおり前輪のスポークが1本折れてました。

f:id:bumpy_ride:20180427093307j:plain

まだ始まって1時間も経っていないのになんてこと!ここでDNFなんて悲しすぎる。

アーチをオープンにしてワイヤーも最大限に調整して少し走ってみるものの、そもそもフォークに接触しててとても長距離を走れる状態じゃない。

この時間に開いてる自転車店なんてないよな〜とスマホで近くを検索してみると、ちょっと戻ったところにある”ジャイアントストアびわ湖守山店”が9時開店とのことで向かってみる。

ジャイアントストアに着いたのは9時前でしたが、すでにお店は開店していて、何人かのレンタサイクルのお客さんがバイクの説明を受けていました。

お店に入りダメ元で、

私:「マビックのスポークの在庫なんてあったりしないですよね〜」

店長さん:「在庫は持っていないですね〜」

私:「ですよねぇ〜、、、」

さすがにここまでかと、トボトボとお店を出て行く様子を見かねたのか、店長さんがお店の外まで様子を見にきてくれて、

店長さん:「ブルベ中ですよね。戻ってくるのは明日?何かしてあげられるとしたら、ホイールを貸してあげるぐらいだけど、、、」

私:「えっ、ホイールのレンタルなんて可能なんですか?」

店長さん:「ちょっと待ってて、貸出できるホイールがあるか探してみるから」

と、急展開で何とかなりそうな展開に!

ほどなくして、店長さんがホイールを持ってきて来てくれて、若い店員さんがタイヤとチューブの付け替え、そしてブレーキの調整(リム高さが変わるため)を手早く行っていただいてバイクが復活!なんてラッキーなんでしょう!

f:id:bumpy_ride:20180421085708j:plain

完走頑張ってね!と励ましのお言葉までいただいてリスタート!

この時点で時刻は9:10で約1時間の借金。

400kmブルベ全体で見れば、さほど大きなタイムロスではないですが、次のPC1(83km地点)のクローズに間に合わせるにはグロス20km/hほどで走る必要があり、普段、グロス18km/h程度で走っている私にはかなりのハイペース。

とはいえ、間に合わなければ、そこで終わってしまうので必死にペースを上げる。

花折峠(標高500m)の登りにて。しんどい中撮ったので構図とかメチャクチャですね(汗)

f:id:bumpy_ride:20180421100400j:plain

花折峠をパスしてトンネルを抜ければ、PC1まではほぼ下り基調。

ダウンヒルもかなり真剣に飛ばして(途中で立ち寄る予定だった鯖寿司のお店は泣く泣くパス)、登り返しの峠も二つ越えて、再び長いダウンヒルを下り切ると、、、

11:58 PC1 ローソン小浜和久里店到着!(83.0km地点)

500m級の峠越えでしたが、信号がほとんど無かったのと、道が綺麗でダウンヒルが苦手な私でも速度を維持できたので、思ってたより早く到着できました。

f:id:bumpy_ride:20180421120025j:plain

とはいえ、貯金は30分ほどしかないので、おにぎり2個とドリンクを補給して出発。

ここから、若狭西街道→丹後街道(R27)と繋いで舞鶴を目指します。

f:id:bumpy_ride:20180421122414j:plain

若狭西街道は、アップダウンとトンネルが繰り返し続いて、すでに売り切れ気味の脚にはちょっと辛いけど、交通量は少なくとても走りやすい。

舞鶴に入ると、赤レンガパーク海上自衛隊基地の桟橋などがあって、今回のブルベの見所の一つなのですが、時間もあまりないので写真だけ撮って通過。

f:id:bumpy_ride:20180421140830j:plain

f:id:bumpy_ride:20180421141003j:plain

 舞鶴を抜けて、やや大きめの峠を越えると、今回楽しみにしていた天橋立に到着。

さすがに大勢の観光客で賑わっていますね。

本当なら展望台の方にも行きたかったですが、さすがにタイムロスが大きすぎるので今回は諦めて通過するのみです。

f:id:bumpy_ride:20180427162153j:plain

天橋立を通過して対岸側に出て、ちょっと進むと、

f:id:bumpy_ride:20180421162659j:plain

16:42 PC2 スーパーにしがき府中店到着!(156km地点)

f:id:bumpy_ride:20180421165028j:plain

時間もないので、ドリンクの補給とトイレを済ましてスタート。

ここから、峠をいくつか越えると、いよいよ折り返し地点の城崎温泉です。それほど大きな峠ではないですが、この辺りから登りのペースが上がらなくなってきました。

19:35 城崎温泉到着(PC3 ファミリーマート城崎温泉店)(204.5km地点)

f:id:bumpy_ride:20180421193047j:plain

 当初の計画では、19時前に到着して温泉に入る予定でしたが、序盤のハイペースで脚は既に売り切れ思うように貯金を作れず、鯖寿司に続いて温泉も諦めることに(涙)

PC3のファミマで、長めの休憩と冬インナーに着替えをして、これからのナイトライドに備えました。

それにしても、城崎温泉は町並みがとても素敵だし、たくさんの観光客(しかも若いカップルが多い)で賑わっていて、PCで立ち寄るだけというのは本当に名残惜しかったです。

城崎温泉からは、円山川の堤防道路を20kmほど遡り出石の街を目指すのですが、ほとんど平坦路で信号もないので距離は稼げる分、単調なのでずっと睡魔との戦いでした。

出石では、ブルベ副題にもある出石蕎麦が名物とのことで、立ち寄るお店も決めていたのですが、先のPCで結構食べてあまりお腹が空いていなかったのと、この先の山岳コースに備えて貯金を減らしたく無かったので通過としました。

↓立ち寄り予定のお店だった「出石蕎麦 沢庵」さん。

f:id:bumpy_ride:20180427094205j:plain

なかなか雰囲気のある出石の街を走り、Photo Control 辰鼓楼 (時計台)を通過すると、

f:id:bumpy_ride:20180421211504j:plain

再び山岳コースの始まりです。

ここから標高約280mの登尾トンネルまで20kmほどの登り区間。最初の方は勾配も緩やかで楽勝か?とか思ってたら、そんなに甘いわけなく終盤は無い脚がさらに削られていく。

これまた長い登尾トンネルを抜けて一気に福知山へ。結構、大きな街だったんですね〜。知らなかった。。。

福知山城のライトアップを楽しみにしていたのだけど、疲れてて見落としたのか、通過した時間が遅くてライトアップが終わっていたのか、気がつくことなく通過してました。

0:14 PC4 ローソン福知山石原店到着(273.2km地点)

日付も変わって、ここから夜明けまでが400kmブルベで一番キツい時間帯ですが、今回のブルベではコース的にもこの区間が一番厳しかったです。

細かいアップダウンを繰り返しながら標高約260mの観音峠まで約40kmの長い登り区間

しかも、この辺りになってくると、完全に脚は売り切れて、登り区間では全然脚が回らない。

さらに、気温はサイコンの計測で4℃まで低下。事前にチェックしていた天気予報では下がっても10℃くらいだったので完全に装備不足でした。とにかく寒い。

登れない坂に寒さと眠気。あまりの眠気で、どの辺りだったかは思い出せないけど(たぶん観音峠の登りの途中)バス停で10分ほど仮眠しまいた。

バス停は、屋根と三方の壁があるタイプでしたが、これだけでも結構暖かく、脚を伸ばして寝ることができたので、眠気は大丈夫なくらいに回復できました。

なんとか、観音峠を越えて、一旦下って亀岡の街を抜けて、標高約200mの老ノ坂トンネルを抜けると、、

5:16 PC5 ファミリーマート西京桂坂店到着!

クローズタイム12分前の到着でした。危なかった、、、

なんとか間に合ったものの、この先のPCの区間距離は比較的短いので、ゆっくりしている時間はありません。もう疲労困憊ですがサンドイッチを口に押し込み、早々に再出発。

PC5からさらに下って京都市内へ。

f:id:bumpy_ride:20180422061101j:plain

もうすっかり夜も明けて、かなり走りやすくなってきましたが、京都市内はとにかく信号に捕まりまくり、次のPC6のクローズ時間が迫るなか気が焦るばかりでした。

しかも、PC6の手前には最後の難関の山中越えが待っているというのに。

f:id:bumpy_ride:20180427094545j:plain

二条城や京都御所の名所を横目に、信号峠によるストップアンドゴーや歩行者用信号点滅によるスプリントを繰り返し、京都市街を抜けいよいよ山中越えへ。

残り時間とヒルクライム区間の距離を比べるとかなり厳しめの状況ですが、ここまで追い込まれると火事場のくそ力が発揮されるのか、これまで登りで全然回らなかった脚と心拍が戻ってくるのだから不思議。

f:id:bumpy_ride:20180422065942j:plain

いやもう本当にハアハアいいながら山中越えをクリアして、

 7:10 PC6 サークルK大津ひえい平店到着!(369.9km地点)

f:id:bumpy_ride:20180422071434j:plain

相変わらずのギリギリ隊ですが、なんとか間に合いました!

ここまで来れば、ほぼ大丈夫でしょう。

残り幾つかの登りをクリアして、琵琶湖大橋からは永遠に続くように感じる湖岸道路を慎重に走って、、

9:21 FINISH セブンイレブン近江八幡江頭町店到着!(403.3km地点)

f:id:bumpy_ride:20180422092820j:plain

ここからFINISH受付まで5kmほど移動して、ブルベカードとレシートを提出。

26時間21分で認定完走達成です!

今回のブルベは、ハードなコースに加えて、とにかく時間に追われてキツくて辛いブルベでした。

でもまあ、2、3日すれば記憶の改ざんが進んで良い思い出になるのでしょうけど(笑)

f:id:bumpy_ride:20180427094905j:plain

FINISH受付の後、駐車場に戻り、車内で少し仮眠したのち、ジャイアントストアびわ湖守山店さんにホイールの返却へ。

 

f:id:bumpy_ride:20180422124523j:plain

お店に入り、昨日、ホイールをお借りした者ですと伝えると、「ああ!無事完走できましたか!?」とずっと気にかけていただいていたようで本当に嬉しかった。丁重にお礼をお伝えしてお店を後にしました。

今回の完走は、この幸運のおかげ!本当に感謝感謝です(^^)