BRM421近江八幡400km 鯖寿司、温泉、出石蕎麦

1月の近江八幡200km、2月の追い風400kmに続いて、今年3本目のブルベは、オダックス近畿さん主催の「BRM421近江八幡400km 鯖寿司、温泉、出石蕎麦」に参加してきました。

このブルベは、近江八幡をスタートして琵琶湖湖岸から琵琶湖大橋を渡り、花折峠から小浜への鯖街道若狭街道)を進み、舞鶴天橋立と抜けて城崎温泉へ。

復路は蕎麦で有名な出石に立ち寄り、福知山、亀岡、京都と巡り近江八幡に戻ってくるというもの。

コース上には、近畿北部の観光名所が点在しており、ブルベの副題からも、一見、何とも”ゆるふわ観光ブルベ的な雰囲気”のように見えますが、その実はアップダウンが多く相当脚を削られとてもキツいコースでした。

当日の朝、4時に自宅をスタートして近江八幡へ。近江八幡駅の駐車場に車を停めてスタート地点へ移動。スタート地点近くのコンビニで、カズさんと小川さんが談笑されているのを見つけて、ご挨拶と今年のブルベ計画などについて少しお話して受付へ。

6:30 ブリーフィング

f:id:bumpy_ride:20180421063059j:plain

↓今回のバイク装備はこんな感じ。ブルベマウント(写真右)も実戦初投入です。

f:id:bumpy_ride:20180427092915j:plain

7:00 スタート!

スタートしてしばらくは、KUWANAさんやトントンさんのトレインの後ろに付かさせてもらって良いペースで進んでいく。序盤から快速トレインに出会えてラッキーと思っていたら、、、

f:id:bumpy_ride:20180421073323j:plain

 琵琶湖大橋の少し手前(18km地点くらい)でパキーンと不吉な金属音がががが!

バイクを止めて見てみると、予想どおり前輪のスポークが1本折れてました。

f:id:bumpy_ride:20180427093307j:plain

まだ始まって1時間も経っていないのになんてこと!ここでDNFなんて悲しすぎる。

アーチをオープンにしてワイヤーも最大限に調整して少し走ってみるものの、そもそもフォークに接触しててとても長距離を走れる状態じゃない。

この時間に開いてる自転車店なんてないよな〜とスマホで近くを検索してみると、ちょっと戻ったところにある”ジャイアントストアびわ湖守山店”が9時開店とのことで向かってみる。

ジャイアントストアに着いたのは9時前でしたが、すでにお店は開店していて、何人かのレンタサイクルのお客さんがバイクの説明を受けていました。

お店に入りダメ元で、

私:「マビックのスポークの在庫なんてあったりしないですよね〜」

店長さん:「在庫は持っていないですね〜」

私:「ですよねぇ〜、、、」

さすがにここまでかと、トボトボとお店を出て行く様子を見かねたのか、店長さんがお店の外まで様子を見にきてくれて、

店長さん:「ブルベ中ですよね。戻ってくるのは明日?何かしてあげられるとしたら、ホイールを貸してあげるぐらいだけど、、、」

私:「えっ、ホイールのレンタルなんて可能なんですか?」

店長さん:「ちょっと待ってて、貸出できるホイールがあるか探してみるから」

と、急展開で何とかなりそうな展開に!

ほどなくして、店長さんがホイールを持ってきて来てくれて、若い店員さんがタイヤとチューブの付け替え、そしてブレーキの調整(リム高さが変わるため)を手早く行っていただいてバイクが復活!なんてラッキーなんでしょう!

f:id:bumpy_ride:20180421085708j:plain

完走頑張ってね!と励ましのお言葉までいただいてリスタート!

この時点で時刻は9:10で約1時間の借金。

400kmブルベ全体で見れば、さほど大きなタイムロスではないですが、次のPC1(83km地点)のクローズに間に合わせるにはグロス20km/hほどで走る必要があり、普段、グロス18km/h程度で走っている私にはかなりのハイペース。

とはいえ、間に合わなければ、そこで終わってしまうので必死にペースを上げる。

花折峠(標高500m)の登りにて。しんどい中撮ったので構図とかメチャクチャですね(汗)

f:id:bumpy_ride:20180421100400j:plain

花折峠をパスしてトンネルを抜ければ、PC1まではほぼ下り基調。

ダウンヒルもかなり真剣に飛ばして(途中で立ち寄る予定だった鯖寿司のお店は泣く泣くパス)、登り返しの峠も二つ越えて、再び長いダウンヒルを下り切ると、、、

11:58 PC1 ローソン小浜和久里店到着!(83.0km地点)

500m級の峠越えでしたが、信号がほとんど無かったのと、道が綺麗でダウンヒルが苦手な私でも速度を維持できたので、思ってたより早く到着できました。

f:id:bumpy_ride:20180421120025j:plain

とはいえ、貯金は30分ほどしかないので、おにぎり2個とドリンクを補給して出発。

ここから、若狭西街道→丹後街道(R27)と繋いで舞鶴を目指します。

f:id:bumpy_ride:20180421122414j:plain

若狭西街道は、アップダウンとトンネルが繰り返し続いて、すでに売り切れ気味の脚にはちょっと辛いけど、交通量は少なくとても走りやすい。

舞鶴に入ると、赤レンガパーク海上自衛隊基地の桟橋などがあって、今回のブルベの見所の一つなのですが、時間もあまりないので写真だけ撮って通過。

f:id:bumpy_ride:20180421140830j:plain

f:id:bumpy_ride:20180421141003j:plain

 舞鶴を抜けて、やや大きめの峠を越えると、今回楽しみにしていた天橋立に到着。

さすがに大勢の観光客で賑わっていますね。

本当なら展望台の方にも行きたかったですが、さすがにタイムロスが大きすぎるので今回は諦めて通過するのみです。

f:id:bumpy_ride:20180427162153j:plain

天橋立を通過して対岸側に出て、ちょっと進むと、

f:id:bumpy_ride:20180421162659j:plain

16:42 PC2 スーパーにしがき府中店到着!(156km地点)

f:id:bumpy_ride:20180421165028j:plain

時間もないので、ドリンクの補給とトイレを済ましてスタート。

ここから、峠をいくつか越えると、いよいよ折り返し地点の城崎温泉です。それほど大きな峠ではないですが、この辺りから登りのペースが上がらなくなってきました。

19:35 城崎温泉到着(PC3 ファミリーマート城崎温泉店)(204.5km地点)

f:id:bumpy_ride:20180421193047j:plain

 当初の計画では、19時前に到着して温泉に入る予定でしたが、序盤のハイペースで脚は既に売り切れ思うように貯金を作れず、鯖寿司に続いて温泉も諦めることに(涙)

PC3のファミマで、長めの休憩と冬インナーに着替えをして、これからのナイトライドに備えました。

それにしても、城崎温泉は町並みがとても素敵だし、たくさんの観光客(しかも若いカップルが多い)で賑わっていて、PCで立ち寄るだけというのは本当に名残惜しかったです。

城崎温泉からは、円山川の堤防道路を20kmほど遡り出石の街を目指すのですが、ほとんど平坦路で信号もないので距離は稼げる分、単調なのでずっと睡魔との戦いでした。

出石では、ブルベ副題にもある出石蕎麦が名物とのことで、立ち寄るお店も決めていたのですが、先のPCで結構食べてあまりお腹が空いていなかったのと、この先の山岳コースに備えて貯金を減らしたく無かったので通過としました。

↓立ち寄り予定のお店だった「出石蕎麦 沢庵」さん。

f:id:bumpy_ride:20180427094205j:plain

なかなか雰囲気のある出石の街を走り、Photo Control 辰鼓楼 (時計台)を通過すると、

f:id:bumpy_ride:20180421211504j:plain

再び山岳コースの始まりです。

ここから標高約280mの登尾トンネルまで20kmほどの登り区間。最初の方は勾配も緩やかで楽勝か?とか思ってたら、そんなに甘いわけなく終盤は無い脚がさらに削られていく。

これまた長い登尾トンネルを抜けて一気に福知山へ。結構、大きな街だったんですね〜。知らなかった。。。

福知山城のライトアップを楽しみにしていたのだけど、疲れてて見落としたのか、通過した時間が遅くてライトアップが終わっていたのか、気がつくことなく通過してました。

0:14 PC4 ローソン福知山石原店到着(273.2km地点)

日付も変わって、ここから夜明けまでが400kmブルベで一番キツい時間帯ですが、今回のブルベではコース的にもこの区間が一番厳しかったです。

細かいアップダウンを繰り返しながら標高約260mの観音峠まで約40kmの長い登り区間

しかも、この辺りになってくると、完全に脚は売り切れて、登り区間では全然脚が回らない。

さらに、気温はサイコンの計測で4℃まで低下。事前にチェックしていた天気予報では下がっても10℃くらいだったので完全に装備不足でした。とにかく寒い。

登れない坂に寒さと眠気。あまりの眠気で、どの辺りだったかは思い出せないけど(たぶん観音峠の登りの途中)バス停で10分ほど仮眠しまいた。

バス停は、屋根と三方の壁があるタイプでしたが、これだけでも結構暖かく、脚を伸ばして寝ることができたので、眠気は大丈夫なくらいに回復できました。

なんとか、観音峠を越えて、一旦下って亀岡の街を抜けて、標高約200mの老ノ坂トンネルを抜けると、、

5:16 PC5 ファミリーマート西京桂坂店到着!

クローズタイム12分前の到着でした。危なかった、、、

なんとか間に合ったものの、この先のPCの区間距離は比較的短いので、ゆっくりしている時間はありません。もう疲労困憊ですがサンドイッチを口に押し込み、早々に再出発。

PC5からさらに下って京都市内へ。

f:id:bumpy_ride:20180422061101j:plain

もうすっかり夜も明けて、かなり走りやすくなってきましたが、京都市内はとにかく信号に捕まりまくり、次のPC6のクローズ時間が迫るなか気が焦るばかりでした。

しかも、PC6の手前には最後の難関の山中越えが待っているというのに。

f:id:bumpy_ride:20180427094545j:plain

二条城や京都御所の名所を横目に、信号峠によるストップアンドゴーや歩行者用信号点滅によるスプリントを繰り返し、京都市街を抜けいよいよ山中越えへ。

残り時間とヒルクライム区間の距離を比べるとかなり厳しめの状況ですが、ここまで追い込まれると火事場のくそ力が発揮されるのか、これまで登りで全然回らなかった脚と心拍が戻ってくるのだから不思議。

f:id:bumpy_ride:20180422065942j:plain

いやもう本当にハアハアいいながら山中越えをクリアして、

 7:10 PC6 サークルK大津ひえい平店到着!(369.9km地点)

f:id:bumpy_ride:20180422071434j:plain

相変わらずのギリギリ隊ですが、なんとか間に合いました!

ここまで来れば、ほぼ大丈夫でしょう。

残り幾つかの登りをクリアして、琵琶湖大橋からは永遠に続くように感じる湖岸道路を慎重に走って、、

9:21 FINISH セブンイレブン近江八幡江頭町店到着!(403.3km地点)

f:id:bumpy_ride:20180422092820j:plain

ここからFINISH受付まで5kmほど移動して、ブルベカードとレシートを提出。

26時間21分で認定完走達成です!

今回のブルベは、ハードなコースに加えて、とにかく時間に追われてキツくて辛いブルベでした。

でもまあ、2、3日すれば記憶の改ざんが進んで良い思い出になるのでしょうけど(笑)

f:id:bumpy_ride:20180427094905j:plain

FINISH受付の後、駐車場に戻り、車内で少し仮眠したのち、ジャイアントストアびわ湖守山店さんにホイールの返却へ。

 

f:id:bumpy_ride:20180422124523j:plain

お店に入り、昨日、ホイールをお借りした者ですと伝えると、「ああ!無事完走できましたか!?」とずっと気にかけていただいていたようで本当に嬉しかった。丁重にお礼をお伝えしてお店を後にしました。

今回の完走は、この幸運のおかげ!本当に感謝感謝です(^^)

 

BRM224追い風400km

AJ神奈川さん主催の”BRM224追い風400”に参加してきました。

追い風400は、昨年に続いて2回目の参加となります。(昨年の様子はコチラ)
longride.hatenablog.jp

今回の追い風400は、自分の目標として、

  1. 極力自分の力だけ(前の走者のドラフトに入らない)で走る、
  2. 仮眠時間2時間半を確保するという

2点を目標に走りました。

400kmでこの二つが守れて完走できないと、一人旅で走ることが多くなるであろう600kmや1000kmでの完走は難しいかなと、昨年の反省も踏まえての目標です。

スタートして、PC1から通過チェッックまでは、かとけ師匠、ちゃりんこさん、つくさんとご一緒させてもらいましたが、通過チェックでちゃりんこさんとつくさん、130km地点で夕食休憩をする師匠と分かれてからは、ゴールまでほぼ一人旅となりました。

BRM前半は、副題のとおりの追い風に乗って快調に走る事ができ、約200km地点の宇津ノ谷峠「明治トンネル」は23時55分に通過して貯金は約2時間半。
これは順調順調〜♪と思っていたのですが、ここから風向きは向い風基調(しかも、まあまあ風強い)に変化して一気にペースダウン。

さらにお腹の調子が悪くなって2回もコンビニ緊急ピットインするというタイムロスで貯金は目減り、、、健康ランドに着く頃にはチェックインして仮眠するほどの時間はない状態で、結局、沼津市内のミニストップのイートインコーナーに30分ほどうつ伏して仮眠しました。

冷川トンネルで伊豆を越えてPC2(310km地点)に到着した時点で貯金はちょうど1時間ほど。

ここから伊東〜熱海〜小田原まではアップダウンがキツく、じわじわと貯金を吐き出しながら、サイコンの距離計と残り時間を見比べつつ、ヘロヘロながらもなんとかペダルを回し続けて15時20分ゴール!

26時間20分での認定完走となりました。
今年も課題が残ったけど、無事にゴールできて良かった。
とても楽しい400kmブルベでした!

 

 ↓通過チェック ファミリーマート浜松中田島町店(113.2km地点)

f:id:bumpy_ride:20180224192350j:plain

↓宇津ノ谷峠の明治トンネル。今年はトンネルの後半の照明が落ちてた(汗)

f:id:bumpy_ride:20180224235531j:plain

↓明治トンネルを抜けたら今年もありましたシークレットPC!冷えた体に豚汁が嬉しい!(^^)

f:id:bumpy_ride:20180429193912j:plain

沼津市内に入ると夜が明けて大分明るくなってきた。

f:id:bumpy_ride:20180225060953j:plain
↓冷川トンネル(305km地点)

f:id:bumpy_ride:20180225082533j:plain

↓交通量の多い熱海市

f:id:bumpy_ride:20180225102935j:plain

↓通過チェック 写真ポイント「根府川駅」(353.5km地点)

f:id:bumpy_ride:20180225115938j:plain

相模湾を一望!

f:id:bumpy_ride:20180225121041j:plain

↓ゴール間近の海岸線にて

f:id:bumpy_ride:20180225151431j:plain

↓ゴール受付後。みなさんホットした表情(^^)

f:id:bumpy_ride:20180225161008j:plain

 

走行ログ(Strava)

https://www.strava.com/activities/1424629377

台風ブルベ!BRM1021熊本600km 東九州・宮崎編

10月21日から22日にかけて、ランドヌール熊本さんの「BRM1021熊本600km東九州・宮崎編」に参加してきました。 

f:id:bumpy_ride:20180128100749p:plain

季節外れの秋雨前線の停滞による長雨と台風21号の発生により、日に日に悪化する天気予報にげんなりしつつも、SR獲得のラストチャンスということもあり気張って熊本入り。熊本へは、前日の飛行機で県営名古屋空港から阿蘇くまもと空港へ移動し、スタート地点近くのビジネスホテルで一泊しました。


そして、翌朝、「悪天候なのに皆さんお好きね〜」の決まり文句が飛び交う中、受付〜ブリーフィングを経て、7:00にスタート! 

f:id:bumpy_ride:20171021064126j:plain

↑ブリーフィングの様子

天気予報では、なんとか午前中くらいまでは天気が持つかな〜と期待していたのですが、スタートして40分ほどで雨が振り出してきて本降りに。ここでレインウエアを着用しました。

f:id:bumpy_ride:20171021074357j:plain

 40km地点の高森隧道トンネル(標高800m)までしばらく長い登り。

f:id:bumpy_ride:20171021084616j:plain 

晴れていれば素晴らしい景色なんでしょうね。本当に残念。

f:id:bumpy_ride:20171021094648j:plain

 高森隧道トンネルを抜けて、PC1(70.5km地点)を経て延岡市内のPC2(118.5km)まで一気に下る。雨は強くなったり弱くなったりで暴風雨というほどではない。

 13:40 PC2 セブンイレブン延岡北小路店(118.5km)

f:id:bumpy_ride:20171021134339j:plain

 ここから、当分の間は平坦区間。やや交通量の多い区間もあったけど、概ね走りやすい道。しかも、風は南方の台風に向かっての追い風♪

追い風ボーナスをもらって快調に走り宮崎県に。

18:30 PC3 セブンイレブン吉村町店(205.3km)

f:id:bumpy_ride:20171021182842j:plain

↑追い風とは言え、雨天ライドはやはり気も使って疲れる。皆さん濡れた地面に直接座って休憩。。。私もこの先の暴風雨圏突入に備えて長めの休憩をとりました。 

ここまではさほど雨風は強くなかったものの、日南海岸の辺りから次第に風が強くなり、日も暮れて真っ暗な海岸の方からはグヴォォォーグヴォォォーっという轟音だけが聞こえてきてなんとも恐ろしい。

ランダムに方向が吹き回る強風、それに時折やってくる対向車のヘッドライトの光で視界が悪くとても走り難い。基本的には追い風のはずなのだけど、慣れない荒天走行であまり距離を稼げない、、

日南海岸ロードパークをひたすら南下し都井岬に近づくにつれ、雨風は強くなり完全に暴風状態になりました。さらに平坦区間が終わりアップダウンが出てくると、今まで比較的かたまって走っていたメンバー達から千切れて一人旅に。

 

0:08 駒止めの門(289.8km地点)

f:id:bumpy_ride:20171022000842j:plain

 都井岬への入口の門。ここから都井岬までの間は岬馬が放牧されているとのこと。キュートには「岬馬に近づかず、後ろに絶対に立たないこと!!」なんて注意書きが書いてあります。

とは言え、この暴風の中で、もし岬馬が近づいてきてもどうしようもないので出くわさないことだけを祈って灯台の方に進む。

ここまでも相当の暴風雨でしたが、岬の先端に近くなってくると障害物がなくなった暴風がモロに吹き付けてくるようで、身の危険を感じるほどの状態に。

前照灯が照らす範囲以外は真っ暗闇、吹き荒れる暴風雨、遠くの方でヒヒーンと馬の鳴き声だけが聞こえて本当に不気味。しかも一人きり。もう生きた心地がしない。

このまま進んで本当に大丈夫なんだろうか、かといって戻っても退避できるような場所もない。もう安全がどうとか考える思考回路は完全にストップ。もう前進するしかないので必死にペダルを回す。

それでも、灯台に向かう最後の激坂を登っていると、灯台で折り返してきた前走者とすれ違って「あと少しですよ!頑張って!」と声をかけてもらえた時には本当に心強かったです。

0:38 クイズポイント 都井岬灯台 到着(295.2km地点)

f:id:bumpy_ride:20171022003839j:plain

クイズポイントのクイズの内容は「都井岬灯台の手前のトイレの看板に書かれている文字は?」というもの。答はなんのこともない「都井岬灯台」でした。

f:id:bumpy_ride:20171022004216j:plain

↑クイズポイントには先着していたランドヌールの方がいて、一人じゃないって本当に心強いです。

せっかくなので灯台の写真を撮りたいところですが、灯台はここからさらに100mほど先に進まなければならず、ますます激しくなる暴風雨にとても近づける状態ではないので、回転する灯台の光だけを撮って出発。

f:id:bumpy_ride:20171022004235j:plain

灯台手前のトイレから灯台の方向を撮った写真。

灯台から折り返して、駒止めの門まで戻ってくると一人のランドヌーズと入れ替わりですれ違う。おそらく走行を継続しているランドヌールの最後尾と思われる。これからさらに強くなるであろう暴風の中、たった一人で灯台まで向かって大丈夫だろうかと気になるも止めるわけにもいかず「気をつけて!」とだけ伝えて自分も前に進むことに。(後日、リザルトを確認したところ、彼女はDNSされていましたが、翌週の別の600kmブルベに出走されていたので無事だったようです。一安心(^^;;。)

灯台トイレで一緒になったランドヌールと、しばらく一緒に走っていましたが、長いダウンヒルでペースが合わず千切れて再び一人旅に。

暴風雨は相変わらずですが、志布志湾に出ると地形の関係か少しマシになってきた。

当初の計画では、この辺りでビジネスホテルにチェックインして仮眠を取る予定でしたが、暴風雨の中、少ない貯金を削りながらの走行となり、とてもホテルにチェックインするような余裕はなかったです。途中、どうしても眠気がガマンできずに自動販売機の軒先で10分ほど仮眠したりしてやりすごし、夜明けを迎えました。

PC4(357.8km地点)をチェックして鹿児島県の鹿屋市を抜け鹿児島湾に出ると、そこからは猛烈な爆風の向い風に。

f:id:bumpy_ride:20171022091500j:plain

↑楽しみにしていた桜島は残念ながら雲の中でした 涙

猛烈な爆風の向い風でペダルを回しても全然すすまない。さすがに次のPCである桜島港フェリーターミナルのクローズタイムには間に合わないだろうと思ってたら、なんとかクローズ13分前に到着!

10:15 PC5 桜島港フェリーターミナル(乗船)

f:id:bumpy_ride:20171022102317j:plain

 桜島フェリーに乗船して、ちょっとホッとするひと時。

f:id:bumpy_ride:20171022103515j:plain

 ↑フェリーから眺める桜島。やっぱり雲の中(涙)

桜島フェリーでちょっとホッとしたのもつかの間、鹿児島港から鹿児島市街を抜けると、次のPCまでは標高約440mの峠越えとなるのですが、ここで疲労と再びの眠気のピークで限界に。途中のコンビニで再び15分ほど仮眠をとりながらなんとか峠越えするも、PC6にはクローズから1時間半経過した15:08に到着、ここでDNFとなりました。

15:08 PC6 セブンイレブンさつま町宮之城屋地店(459.1km地点) 到着

f:id:bumpy_ride:20171022150421j:plain

この先、認定外完走を目指す事も考えたのですが、眠気と戦いながら再びナイトライドに突入するのは危険と判断し、最寄りの新幹線駅である川内駅から輪行で熊本まで戻ることとしました。

f:id:bumpy_ride:20171022180112j:plain

川内駅の改札。ここから熊本駅までは九州新幹線です。

f:id:bumpy_ride:20171022191213j:plain

熊本駅豊肥本線に乗り換え

f:id:bumpy_ride:20171022200001j:plain

↑ホテルの最寄り駅である三里木駅に到着〜。なんとか生きて戻ってこれました(^^;;

そして翌朝。ホテルの窓から外を眺めると、台風一過の青空が出ていました。

一日ずれていれば、きっと素晴らしい景色の中を走れていたのだろうなと思うと本当に残念です。

f:id:bumpy_ride:20171023104825j:plain

ランドヌール熊本さん発表のリザルトによると24人がエントリーし、そのうちスタートラインに立ったのは11名。完走者は4名とのこと。
今回は、全力を尽くしてのタイムアウトなので悔いはありませんが、SRを獲得するには実力不足ということが良く分かりました。台風がなくても認定完走は難しかっただろうと思います。

f:id:bumpy_ride:20171023153646j:plain

↑帰路の飛行機からの眺め

今回は、この九州にDNFという忘れ物を置いてきてしまったので、いつか必ず取り返しに行きたいと思います。
でも、できれば次回は絶景の九州を走りたいですね(^^;;

 

走行ログ(Strava)
https://www.strava.com/activities/1241348576