読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八百津、七宗 峠越えコース

Cycling

ここ最近は平地ばかりを走っていたので、今回はコースに峠をいくつか入れました。
薬師川から今井、可児を抜けて兼山へ。

今日も兼山ダムの放水はみられませんでした。

八百津大橋を渡り、八百津市街を走ると

栗きんとんのお店に行列ができていました。
ここから山岳コースとなります。
岐阜県道83号多治見白川線。上り始めて直に、つづら折れのキツい上りが出現。

その後もしばらく上りが続き、なかなかキツい。
県道402号線へ入ると、



緩やかなアップダウンを繰り返しながら、穏やかな山村の風景を抜けていきます。

最後の集落を抜けると、急に道が狭くなり、今度はつづら折れの急な下り坂。あまりにも長い下りに、ブレーキを握る指が痛くなりました。

下り終えると、七宗へ。道の駅「ロック・ガーデンひちそう」で休憩をして、

七宗市街地をぬけ

渓流に沿って、県道64号線を北上。緩やかな上りですが、既に売り切れ済みの足にはキツく感じます。
県道97号線へと折れ間見峠へ。ここも、しばらくは緩やかな上りが続く。

峠のピークの前に少し傾斜のきつい坂が出現。登る前に少し休憩をとる。
間見峠を越えると、つづら折れの下りとなるが、気持ちよく下れる。

下り基調の道が続いて気持ちよく山村を抜けて

昭和村へ。交通整理のおじさんに駐車場が開く時間を確認すると、24時間空いているとのこと。次回は、ここをスタート地点しようかな。
交差点や交通量の多い市街地を走るより、峠を走る方が気持ちがいいし、峠を越えたときの達成感があって、楽しいサイクリングでした。
美濃加茂から、いつもの可児犬山線、新合瀬川を経由して帰ってきました。

今回のルートはコチラ

走行距離 118.07km
総合時間 7:21'21
走行時間 6:04'42
消費カロリー 4,569cal