久しぶりのロングライドは郡上八幡を目指して

諸般の事情により自転車に乗るのは、たまの自転車通勤やポタリングという日々が続きましたが、今日は久しぶりのロングライドです。昨日からあれこれコースを考えて、今回の目的地は郡上八幡にしました。ルートプランは、美濃の峠をたっぷり楽しめる岐阜県道63号線を、武儀、上之保、小那比を抜けて郡上八幡を目指すプラン。久しぶりのロングライドなのに、ちょっと無謀かなと思いましたが、思い切ってスタート。

早朝スタートの予定でしたが、相変わらず準備が遅くなり8:30スタート。大山川から入鹿池、今井、可児を抜け、太田橋を渡りJR高山本線沿いに進み、県道348号線から美濃の山々へ。このルートは、快適に目的の峠へアクセスできるお気に入りのルートです。

348号線沿いの梨の直売や梨狩りで賑わっているのを横目に県道80号へ。

この県道も、のどかな雰囲気で走っていて気持ちがいい。このあと、峠を越えて道幅の狭くなった道を下っていると岩壁に祭られた神社が出現。

乳岩神社というそうですが、下から見上げるとなんとも凄い所に造られた神社です。後から調べたところ、ご神体の岩が女性の乳房に似ている事もあり、母乳の出ない人がお祈りをすると乳が出るようになるという言い伝えがあるそうです。

乳岩神社を出発し坂を下りきると県道63号へ出ますが、この辺りは車の交通量が多いので裏道を使い武儀へ向かい、ここからは63号をひたすら北上します。上之保を抜けて、小那比の辺りからは長くてキツい上りが続きますが、なんとか足付きなしで上りきりました。

久しぶりのキツい峠だったので、記念撮影も手ぶれしてしまいました。この後は、快適に下り基調の道を走り国道256号へ出て、堀越峠を越えると今回の目的地が見えてきました。

長いダウンヒルを楽しんで郡上八幡へ入ると、今までの静かな雰囲気から一変して賑やかな雰囲気になりました。

郡上八幡の街を少しぶらりとして(もう少しゆっくりしていたかったのですが時間が押していたので)、なんとか日暮れ前までに帰れるように、長良川沿いを走り、関、各務原、江南を抜けて帰ってきましたが、江南の辺りからは日は暮れてしまいました。

走行距離、時間ともに予定以上のコースでしたが、久しぶりのロングライドを存分に楽しむ事ができました。
今回のルートはこちら

走行距離 170.18km
総合時間 10:34'35
走行時間  8:20'54
消費カロリー 6,664cal