車山高原スキー場

昨年末に遅ればせながら車にETCを導入。
今シーズンのスキーは、高速を使って遠くのスキー場に行こう!ということで、車山高原スキー場に行ってきました。

今回は、前日の夕方に出発し、車山高原スキー場の「仮眠所スカイゲイト」を利用。
お値段は、リフト券付きパック料金で5,000円。仮眠所は、割と広めのフロアに雑魚寝といった形ですが、そこそこ快適に過ごすことができました。思っていたより利用者が多くてビックリしました。

車山高原スキー場ですが、開放感抜群のゲレンデと大パノラマが魅力的。頂上からは遥か麓まで望むことができます。

主に初級・中級者コースの「パノラマコース」をメインに滑っていましたが、なんとなく物足りないのでコースから見える上級者コースに挑戦してみようかなと思ったのが間違いでした。

↑左から、ビーナスC、スポーツマンC、キャプテンC

頂上からまず、キャプテンCを覗くと遠くから見た感じ以上の急斜面にビビってしまい、次のスポーツマンCへ少し下るものの、コースの斜度はキャプテンC以上!
さてどうしたものかと、しばらく他のスキーヤーの様子を見ていると、滑り降りて行く人たちは、みんな凄い上級者ばかり。しかもコース中腹で大転倒する人も。あきらめようかとも思いましたが、今さら頂上まで上り返すのも格好悪いし...ということで、かんとか怪我だけはしませんようにと祈りつつスタート!ターンの度に大きく踏み込んで、恐る恐るなんとか滑りきることができました。なんとも格好悪い滑走だったのでしょうけど、怪我するのはイヤだもんね。

ともわれ、今までの自分の限界から一歩踏み出せたというのは、ちょっと気持ちがいい。
いい思い出ができたスキーとなりました。