上代棚田

9月に入ると自転車系ブログで多く紹介されている「棚田」に、以前から見に行きたいと思っていました。棚田の稲刈りは、すでに始まっているそうなので、刈り取り前の棚田を見るなら今週がラストチャンスということで、今回は、岐阜県八百津町上代棚田を目指すことにしました。

午前7時に出発し、大山川から入鹿池、今井、可児、兼山を抜けて八百津町へ。

八百津町の街並を抜けて、農免農道を北山方面へ走ると・・

この辺りから、かなり上り坂がキツくなってきます。

登っても登っても坂はつづく。あのカーブまで登ればそろそろピークかなという淡い期待に裏切り続けられていると・・・

↑赤薙の棚田が見えてきました。上代棚田は、この棚田からさらに登った所にあります。

棚田を見に行くのだから坂があるのは当たり前ですが、余りにもキツい坂が続くのには参りました。
蛇行しながらジリジリと登っていると、景色にポツポツと田んぼが現れはじめて、しばらく走ると・・・
上代棚田に到着!

ちょうど稲刈りの真っ最中で、秋の棚田の風景としては一番良い時期に来ることができてラッキーでした。

上代棚田は、農林水産省の日本の棚田百選に認定されているとのこと。また、岐阜県のホームページに「ぎふの棚田21選」というのも紹介されているので参考にして下さい。(岐阜県GIS棚田マップ

上代棚田を出発し岐阜県道402号へ合流した後は、急なつづら折れの坂を下り七宗へ。

七宗からは涼しげな神淵川を登り、風見峠〜美濃加茂〜犬山と抜けて帰路へ。午後からは気温も高かったこともあり、美濃加茂の辺りから熱中症状態で頭痛がしてきてしまい、たまらず途中の公園で頭から水をかぶったりしながら、なんとか帰ってきました。

走行距離は100kmそこそこですが、かなりハードなサイクリングとなりました。

今回のコース(ガーミンコネクト)