読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

串カツを求めてお千代保稲荷へ

Cycling

前日の天気予報では、天気は下り坂で午後以降は曇りから雨への予報。ならば、お昼ぐらいには帰ってこれそうなプランはないかと地図を眺めていたら、ふと目に留まったのがお千代保稲荷。そうだ、串カツを食べにいこう!ということで、お千代保稲荷に行ってきました。

今回は、北名古屋市から稲沢市を抜けて、馬飼大橋を渡るルートを選択。出発時には、どんよりとした雲が広がっていましたが、だんだん晴れ間が広がって・・・

馬飼大橋を渡る頃には、すっかりよい天気に!
ここから、さらに南濃大橋で長良川を渡ると、お千代保稲荷に到着。まだ午前中なのに、参道には沢山の人で賑わっていて、串カツや土手煮の美味しそうな匂いがたまらない!
でも、まずはお参りからだよね。

お供えのあげとロウソクをいただいて、仕事が順調に進みますようにとお願いして参りました。

願い事が叶うか否か、重軽石で占ってました。最初に左側の石を持ち上げて、そして、願い事が叶うなら軽くなって下さいと念じながら右の石を持ち上げる。さて、結果は!?・・・・軽くなったようにも思えるし、変わらないようにも思える。なんだか良く分かりませんでした。
ま、気を取り直してお目当ての串カツをいただきましょうか。沢山のお店があって、どのお店にしようか迷うところですが、とりあえず人が並んでいるところに便乗することに。

最初に並んだのが「玉家」。軒先でどんどん揚げられていく串カツを勝手に食べて串の本数を数え後払いするシステム。あつあつで美味しいこと!何本でも食べてしまいたいところですが、他のお店のも食べてみたいので我慢我慢。
次のお店は、店先で串カツをあげている、おばあさんの呼び込みに釣られて「たき」へ。ここでは、店の中に入って注文。自分で伝票に記入して注文するとのこと。串カツと土手煮、ラーメンをいただき、満腹!満腹!。
どちらのお店も美味しくて大満足でした。
しばらく近くの公園でまったりとしてから、水田が広がるのどかな景色を楽しみながら輪之内町を北上し、長良川大橋〜木曽川橋を経由して帰路に着きました。

今回のルートルートラボ