ようこそ 名二環


3月20日に開通する名古屋第二環状自動車道(名二環)を記念して自転車で散歩するイベント「"名二環"自転車散歩」に参加してきました。このイベントは、昨年にセントレアで開催された「8時間サイクルマラソン」の市民・自転車フォーラムの主催です。
受付会場である「有松インター」までは自走で向かうため朝7時すぎに出発。天気は見事な快晴で、今日は暖かくなる予報ですが、この時間は昨日までの寒さをひきずって刺すような寒さです。ウインドブレーカとフェイスウォーマーを装備して寒さ対策。
ストレスの溜まりやすい市街地を抜けるルートですが、土曜日の早朝なので車も少なく快調に走ることができ、9時半には有松インターへのランプウエイに到着。今回、一緒に参加する職場の自転車な方々の2名と合流。

料金所のゲートに自転車が続々と入っていく普段は見られない光景に記念撮影。

ゲートを過ぎて受付へと向かうと、、、

そこには受付待ちの長い行列ができていて圧倒される。今回のイベントは、ロードバイクやMTBだけではなく、色んな自転車な趣味の方々が集まっていて、カップルやファミリーの参加者も大勢でした。こういうイベントも楽しくてイイネ。

受付で参加証が送られてきた封筒と記念品のTシャツと交換してもらう。このTシャツ、オレンジ色の派手なTシャツで、着るのにはちょっと抵抗があったのだけど、ジャージのポケットは既に満杯でTシャツをしまうスペースないし、回りを見ると大体の人が来ていたので着ることに。一緒に参加した会社の自転車な方は、私の姿をみて笑いをこらえられない様子。なんで〜?

受付を済ましてスタート場所へと向かう。

何人か単位で、走行中の注意事項の説明を受けてから順番にスタートするようで、随分な待ち時間だったので体が冷えてしまった。
ようやくスタートしたものの、レースではないので色んなペースの人がいて、スタート直後は渋滞気味。ちょっと恐いな〜と思っていたら、最初の下り坂で後方から落車の音が!。すぐに「落車〜!」のかけ声で後続に知らせていたようだけど、怪我は大丈夫だっただろうか。

しばらく走るうちに、混雑もバラけてきて快適なサインクリングに。新しい高速道路の舗装は、あまりペダルを回さなくてもスムーズに進んでとても走りやすい!路面状況によって、こんなにも変わるものなんですね。

中央分離帯に自転車を立てかけて記念撮影。こんな写真を撮る機会なんて、そうそうないだろうな。

高架とトンネルを交互に繰り返して、結構アップダウンがある。車だと気づかないのだろうな。

普段は自転車では入れないところなので、記念撮影をする人や、非常用の電話ボックスをしげしげと見つめる人ありと、皆さん楽しまれている様子。非日常的感たっぷりのイベントでとても楽しかったです。

今回のルート(ガーミンコネクト)