読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東濃牧場

最近、サイクリングの目的地もマンネリ気味。私の脚力で行けそうな(ここ重要)新しいネタはないかと、ブログ巡りをしていて目に留まったのが、またまたkanbeyaさんのブログで紹介されていたココ。

今回は、東濃牧場までサイクリングに行ってきました。
めずらしく早起きできたので、午前6時半過ぎに出発。

天気はとても良いのですが、黄砂で視界が悪い。せっかく早起きしたのに・・テンション↓↓
気を取り直して、国道155号で高蔵寺〜瀬戸へと入り、国道363号へ。
早速、長〜いヒルクライムの始まり。そういえば、瀬戸市川から国道363号を走るのは今回が初めて。逆走だとココは、とても気持ちいいダウンヒルなんですけどね。ひとまず登り終えても、しばらくアップダウンが続く。

自転車乗りの方々にはおなじみの「世界一のこま犬」。ようやく私も拝むことができました。

岐阜県道20号へと左折してしばらく走ると、ここもおなじみの「川折大橋」。

県道20号から橋の下の脇道へ入り、谷を巻くように登るとこの橋まで上がることができます。

橋から下を見るともの凄い高さです。

でも橋からの眺めは素晴らしい。怖々と橋を渡り、トネンルを二つ抜けると、

小里川ダムへ到着。高さ114.0メートルの重力式コンクリートダムだそうですが、迫力がありますね。ダムのエレベータから、ダム堤体内部を見学することもできるそうですが、残念ながら今日はお休みでした。

ダムのすぐ隣の道の駅「おばあちゃん市・山岡」。沢山の人で込み合っていたので、トイレだけ借りて出発。

岐阜県道33号で小里川を遡る。この県道も走っていて気持ちがいいです。

山岡で左折して脇道へと入ると、のどかな山里の中を抜けるルート。癒される〜。
国道418号を横断した辺りから人里離れた感じの山道となる。途中、熊出没注意の看板にビビりつつも、延々と坂を登る。心拍数がかなり高くなっているのは、キツい登り坂+熊出没注意の看板が原因に違いない。
しばらく林の中の山道を登っていると、

次第に視界が開けた雰囲気となり、ピクニックをしている人やローディーの人もチラホラと見えてきてホッとする。


一旦、下った後の登り坂を登りきると、東濃牧場へ到着。いや〜素晴らしい眺め!黄砂で霞んでいるのがチョット残念。

高原の雰囲気を楽しみながら、濃厚なソフトクリームでエネルギー補給。う〜ん、幸せ!来て良かった〜。
牧場の雰囲気を満喫して帰路は、

阿木川ダムを横目に一気に下って、

思ったよりアップダウンがある岐阜県道66号を、ひたすら東へ東へと帰ってきました。

途中、道の駅、土岐美濃焼街道「どんぶり会館」で休憩。ここも駐車場が満杯の大にぎわいでした。五平餅と炭酸飲料で、ちょっとだけ元気を回復して、

国道19号からトドメの内津峠を越えて、ヘロヘロ状態で帰ってきました。

走行距離:137.66 km
走行時間:7:16:30
総合時間:10:36:48
消費カロリー:6032 kcal

今回のルート(ガーミンコネクト)