読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グランフォンド糸魚川2012 当日編

グランフォンド糸魚川、当日編です。
昨夜は早めに就寝するも、天候が気になって何度も目が覚めてしまいました。
明るくなってきてから宿の窓から外を覗くと。一応、雨は止んでいるみたい(^^;;

宿が用意してくれたオニギリをたいらげて、6時過ぎに宿を出発。会場に着いた頃には晴れ間が見えてきた。

とりあえず、自転車を並べに行く。今年は割と前の方に並べたかな。
開会式では、毎年恒例の実行委員長さんのスパイス効かせ気味の注意事項説明。今年は当初の不動滝方面へのルートが変更となっていましたが、さらに雨の影響でコース変更が一部変更があるとのこと。実際に走行中は、あちらこちらで斜面が崩れている箇所が見られました。

そして、いよいよスタート。

海岸沿いの久比岐自転車歩行者道。宿で一緒だった方と合流して、自転車道〜名立川沿いの県道区間をトレイン走行。やっぱり、大勢の人と走るのは楽しいです。

そして、いよいよ最初のヒルクライム区間へ。

いや〜キツいなぁと登っていると、ポツポツと雨が降ってきて、あっというまに土砂降りに、、、結局、今年も雨の中の走行となってしまいました(涙)

びしょ濡れになりながら、頂上のAポイントを通過。雨の走行で辛いのは、上りよりも下り。寒いわブレーキは効かないわで、恐る恐る下ってなんとか第1エンドに到着。

あまりの寒さにDNFも考えたのですが、雨も小降りになってきたのとスタッフの方の応援もあって続行することに。
そして再び上り区間。

あまりの寒さに登り区間になるとホッとするw

頂上のBポイントを越えて少し下ると、コース最高点へのヒルクライムの始まり。


登って、

さらに登って、励まされて、

あとチョット!

ようやく頂上のCポイントへ。

キツかったけど、去年よりは速く登れたかな?
ちょっと一息入れて、絶景を見ながらのダウンヒル。でもメッチャ寒いしブレーキは相変わらず効かない〜(*_*;
下りきる頃には、寒さとブレーキを握る手の痺れで疲労困憊〜
なんとか下りきり、ようやくお楽しみの第2エイドへ。

お目当ての笹寿司!3種類の笹寿司があるのですが、どれもうまうま!

それと、冷えた体には温かい味噌汁が嬉しい!

ここで悪魔おじさんに遭遇。この方、赤いママチャリで種々のサイクルイベントを走破する強者で、新潟・北陸地方で有名な方だそうです。強者ですが尻尾はカワイイw

笹寿司にオニギリに笹団子と、たらふくご馳走をいただき、今回のもう一つの目的であるカレーエイトへ向けて再スタート!
アップダウンのある道を走り、80kmコースとの分岐点を過ぎて少し登るとカレーエイドに到着。

しかし、第2エイドでのんびりし過ぎたのがいけなかったのかカレーは売り切れ。今年もカレーは、おあずけとなりました。残念(涙)
とは言え、この時点で時刻は12時50分。ポイント17の関門時刻まで10分しかありません。カレーが食べられるなら足切りもやむなしと思っていましたが、こうなれば残る目標は完走のみ。気を取り直して再スタートです。
昨年までは、ここから不動滝方面の激坂が待っていますが、今年はコース変更でシーサイドバレスキー場方面へ向かうコースで、さほどキツくないと思っていたのですが、これが大間違いでした。

斜度は不動滝の方があるものの、コチラも結構な激坂が延々と続くキツいコース。
延々と続く激坂に心が折れかかるも、途中の沿道で大きな声で「あと少しで給水所ですよ〜。頑張って〜」との声援を支えになんとかEポイントに到着。でも、「あと少しですよ」の地点からEポイントの給水所まで相当の距離があったような、、、

そして、激坂の登りのあとは、やっぱり激坂のダウンヒルの後、第3エイドステーションへ。

ここでは、閉会式の時間が迫ってきているので、笹寿司とバナナをさっと食べて出発。
もうこの後は下り基調だろうとの甘い期待を裏切られ、売り切れ状態の脚にはかなり辛いF地点とG地点のピークを越えて、ようやく海岸へ。


そして、ようやくゴール!ゴールでは、悪魔おじさんのお出迎え〜。例年はB地点の登りで出現する悪魔おじさんですが、今年はトラブル対応に追われてゴールでの出現となったそうです。
ゴールでは悪魔おじさん同士のご対面という感動?場面もwww

今年も、雨に降られたり予想外の激坂に悶絶したりカレーを逃したりと色々とありましたが、沿道で応援して下さった方々や、糸魚川の自然の美しさ、そしてなんといってもエイドステーションの御馳走を堪能することができて、とても楽しかったです。来年もぜひ参加したいです。

本日のコース(ガーミンコネクト)
走行距離:114.09km
走行時間:6:16:11
総合時間:7:48:11
消費カロリー:4,794kcal