読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グランフォンド東濃

第6回グランフォンドと東濃大会に参加してきました。
コースはグランフォンド120kmコースを申し込んであるものの、このコース、獲得標高が2000mとかなりハードなコースです。ここ最近の練習不足を考えると、時間内に完走できるのかな〜と、ちょっと不安を覚えながら出発。
スタート会場の瑞浪市民公園までは渋滞もなく、7時半すぎに到着。8時からの受付をすまして、スタート地点へ。割と前の方に並べれたかな。

↑まもなく開会式。木陰だとちょっと寒いくらい。
開会式が始まって、瑞浪市長さんの挨拶や注意事項の説明、それと完走賞の抽選の説明(なんとマビックのホイールが当たるらしい!)の後、予定通り9時スタート。30秒毎に5人ずつスタートで、自分は7分後にスタート。
瑞浪市民公園から小里川沿いを走り最初のエイドのこま犬へ。

↑こま犬エイド。小里川沿いからこま犬は、普段もよく走るコースだけど、集団で走ると普段とちがった雰囲気で新鮮。
こま犬からは、本大会メインルートといってもいいR363をひたすら進みます。

日本大正村エイド。それにしても、素晴らしい天気!
この辺りから、集団がばらけてきて自分のペースで走りやすくなってきた。

↑歴史の町並みの岩村市街を抜けて、

↑Kitto!エイドへ。こちらは、夫婦手作りの石窯で焼いた自家製酵母&国産小麦100%のパン屋さん。どのパンも美味しそうで、迷いに迷って「くるみパン」を選びました。モチモチでとっても美味しかったですよ。
Kitto!エイドからは、本コース最高地点の根の上高原エイドまで、ひたすら上りが続きます。

激坂というような斜度はないのですが、まあまあの斜度がひたすら延々と続くのには心が折れそうになります。でも、この辺りの素晴らしい景色に励まされながら、なんとか頂上の根の上高原エイドへ。

↑根の上高原エイド。こちらの補給食は、おこわ。ごま塩が疲れた体に染みる〜w
この先は、しばらく下り基調。恵那の素晴らしい景色を楽しみながら快調にペースを上げる。





恵那峡の景色を楽しんだ後は、ふただび上り基調へ。最後のピークへ向けて、長い上り坂が続きます。すでに足は、根の上高原の上りで売り切れ済み。なだらかな上り坂でも、かなり辛い。


↑最後のピークの前にある、らっせいみさとエイド。写真下のカップの中身は「玉そば」。そば粉の皮の中に、とろみを付けたそばつゆが入っています。

↑最後のエイドの小里川ダム。ここまでくれば、あと少し。ゴールまで下り基調で楽勝・・・のはずが猛烈な向かい風のため、ハンドルが取られて恐ろしいわ、せっかくの下り坂なのに進まないわで、思わぬところでラスボス出現といった感じ。
それでも、なんとか制限時間内にゴール。

↑チェックカードに各エイドでもらえるスタンプが全て揃っていると完走賞品のくじ引きができます。引いたくじの結果は、残念ながらホイールは当たらずパワーバー1本でしたw。

↑でも、最後にあまから本店の五平餅がいただけるというオマケ付き!うまうま!

今回のグランフォンド東濃を振り返って、
・今回、363ジャージを着ての初めてのイベントでしたが、色んな方に声をかけてもらって楽しかった!
・終日晴天に恵まれ、R363、恵那峡の景色が最高でした!
・とにかくエイドステーションが充実していて、グランフォンドを走り終えての感想が、疲労感よりも(エイドでいっぱい食べたので)お腹の方が苦しいという不思議な結果に(笑)
と、大満足な一日でした。
また来年も参加するぞ〜

走行距離:118.21 km
総合時間:7:32:31
走行時間:5:31:27
平均速度:21.4km/h
消費カロリー:4,238kcal

本日のコース(ガーミンコネクト)