北アルプス山麓グランフォンド2015(DNS)&北アルプス三蔵呑み歩き

5月にエントリーしていた北アルプス山麓グランフォンド2015ですが、残念ながら雨天が確実になった時点でDNSとしました。ですが、前日に会場周辺を少し散策したのでコースと写真をアップします。

土曜日は、いつもジテツーやサイクリングでお世話になってる地元の大山川のクリーンアップ行事があったので、クリーンアップが終了して9時すぎに小牧東ICから中央道に入り安曇野へ。
お昼過ぎに宿泊先の黒部ビューホテルに到着。チェックインはまだ出来ない時間なので、車だけ停めさせてもらって、ロードバイクでグランフォンドの受付会場に向かいます。
午前中までは晴れていましたが、すでに雲がどんよりと出てきました。

晴れていれば最高な景色なんだろうな〜


そばの花でしょうか?田んぼによっては、稲穂とコントラストになっているところもあって、とても奇麗でした。


ちょっと急な坂を上って受付会場へ。今、走ってきた道がグランフォンドのゴール手前部分になります。

受付後、Twitterでいつもお世話になっている方に声をかけていただきました。@IPstageさん、ありがとうございまいた(^^)
しばらく、お話させていただいた後、会場を後にしてホテルへ。
会場から急な坂を下って木崎湖へ。


これまた、晴れてれば〜という景色を抜けてホテルまで戻ってきました。

コース(ガーミンコネクト)

【番外編】北アルプス三蔵呑み歩き
北アルプス山麓グランフォンドに合わせて、大町では「北アルプス三蔵呑み歩き」と「大町バル」というイベントが開催されていて、今回、こちらのイベントも大きな楽しみでした。
北アルプス三蔵呑み歩きは、参加証となるきき猪口を購入して、大町にある三つの地酒蔵を呑み歩くイベントです。きき猪口は、グランフォンドの受付会場で購入済み。さっそく、宿泊先の大町温泉郷から出るシャトルバスに飛び乗って大町市街へ。

↑参加証となるきき猪口

↑シャトルバスを降りて少し歩くと、最初に着いた会場が市野屋商店。すごい人出です。若い人からお年寄りまで男女問わず猪口片手に一杯。すでに千鳥足の方も多数見えて危険な香りが(汗)

↑こちら大町レディースの方。美人に酒を注がれると、ついついグイグイと行ってしまいます(^^;;

↑いやはや、もはやカオス状態です。でも楽しい〜。各蔵が自信を持って出している吟醸酒純米酒が並んでいて旨くないわけがありません!

↑肴のお漬物。こちらも美味しい〜

↑2番目に訪れた会場の薄井商店。こちらも凄い人出です。


↑こちらも大町レディースの方。新旧の大町レディー3名の方がそれぞれの会場でお酒を振る舞ってみえるようです。

↑今回の呑み歩きで一番美味しいな〜と思ったのがコチラの純米吟醸無濾過生原酒。大吟醸もいいですが、こちらの純米吟醸はフレッシュな吟醸香とコクのある甘みのバランスが絶妙で最高でした!えっ?決してチョータイプな美人に注がれているからではないですよ(大汗)

↑こちらが3つ目の会場の北安醸造。うわ〜凄い人出で何がなんだか(笑)

↑こちら杜氏さんとのことです。自ら自慢の新商品を振る舞っておられました。杜氏さんから直接、酒造りの趣向などのお話を伺いながら利き酒!なんて贅沢なんでしょう!

↑こちらの漬物も最高〜。写真にはありませんが、ポテサラなどのおつまみもあって、こちらもうまうま!

↑三人目の大町レディースの方。こちらのお酒もナカナカイケルw ヾ(-_-*) オイオイ

↑呑み歩きには、明日グランフォンドに参加される方も多数見えて、色々とお話できて楽しかったです!

↑時間ギリギリまで各会場を行き来して呑み比べ。最後の方は、やっぱり何だか分からなくなりましたが、とにかく旨い酒ばかりでした(^^)
最後は市野屋商店で終了のカウントダウンを迎えて呑み歩き終了〜。

終了時間は午後7時。すでに結構ベロンベロンですが、お腹も空いてきたので大町バルの方に繰り出し〜。
この辺りから記憶が怪しくなるのですが、2軒くらいまわって同席の人と盛り上がって、最終のシャトルバスに乗り遅れそうになりながらも何とかホテルまで帰ってきて温泉に入って就寝〜。
そして翌朝。


雨音で目が覚めて、スマホで天気予報をチェック。グランフォンドDNSを決めたのでした。

ハイ、正直なことろ天候よりも残った酒の方が主な理由ですね。ゴメンナサイ、、、