奥琵琶湖サイクリング

今回は、とある企画中のお花見サイクリングの下見のため奥琵琶湖を走ってきました。

走ってきたコースはコチラ。

 今回のスタート地点は、JR木ノ本駅の駐車場。

f:id:bumpy_ride:20160321084640j:plain

木ノ本駅には、24時間入出庫OKの無料駐車場が東口、西口の両方にあって、今回利用したのは西口の方。早朝とはいえ祝日、結構埋まっているのかな〜と心配していたのですが、止まっていたのは2割くらいでした。デポ地としては、なかなか良さげです(^^)

スタート直後から猛烈な向かい風と横風に吹き飛ばされそうにながら進む(^^;;

f:id:bumpy_ride:20160321090334j:plain

でも、賤ヶ岳隧道を抜けて、奥琵琶湖を見渡せるビューポイントに出ると、空気が澄んでいるのか素晴らしい景色が!

f:id:bumpy_ride:20160321090632j:plain

相変わらず風は暴風ですが、奥琵琶湖湖畔の景色は素晴らしい〜

そして、歩道が広くて走りやすい岩熊第二トンネルを抜けて、

f:id:bumpy_ride:20160321095624j:plain

奥琵琶トンネル方面へ。

f:id:bumpy_ride:20160321100410j:plain

途中、トンネル修繕工事中の看板でているのですが、事前に土木事務所に確認したところ「現在は休工中なのだけど奥琵琶トンネルは自転車や歩行者の通行はお勧めできないので、ビワイチの人には西浅井マキノ線へ誘導する意味でこの看板は出しっ放しにしている」とのこと。通れないわけではないとのことなので、今回は奥琵琶湖を周回するので直進〜。

f:id:bumpy_ride:20160321101620j:plain

そして、奥琵琶トンネルの入口へ。確かに、奥琵琶トンネルの歩道は、先ほどの岩熊第二トンネルと比べると歩道が狭く、ところどころ鉄板蓋があって走り難い。初心者の人は押して歩いた方が良いかもですが、結構距離があるんですよね(^^;;

トンネルを抜けて国道161号へ左折してから、ちょっと進んだことろの脇道へ入ると、なかなか長閑でいい感じの集落の中を抜ける。

f:id:bumpy_ride:20160321102735j:plain

集落を抜けて道の駅「マキノ追坂峠」へ。琵琶湖が見えてきた〜

f:id:bumpy_ride:20160321110945j:plain

そして、再び国道161号を一気にダウンヒルして海津大崎へ。

空気が澄んでいるので対岸までくっきりと見えて気持ちがいい(^^)

f:id:bumpy_ride:20160321113541j:plain

ちょっと気になるカフェがあったので入ってみたら、これが大正解(^^)

f:id:bumpy_ride:20160321113513j:plain

テラス席からの景色が超ビューティフォー!w(隣のカップルには撮影許可もらってます。ウケル〜とか笑われながら撮影w)

f:id:bumpy_ride:20160321114014j:plain

そして、こちらでいただいたのがフレンチプレスのコーヒー。砂時計の砂がすべて落ちたら、プレスのロッドを下げて出来上がり♪。

f:id:bumpy_ride:20160321114654j:plain

とても優雅な時間を過ごすことができました。「古道具 海津」さん、お勧めです!

f:id:bumpy_ride:20160321120833j:plain

f:id:bumpy_ride:20160321121541j:plain

桜が咲いたら絶景間違いなしの海津大崎湖畔を進んで、もう一つの目的地「かぐや餅」へ。普段なら大行列だそうなのですが、この暴風せいか並ばずにゲットできましたw

f:id:bumpy_ride:20160321125800j:plainf:id:bumpy_ride:20160321125547j:plain

ここの草餅は、自家製のもち米を薪のせいろで蒸してから杵でついて丸めるまで、すべて手作業で作られていて美味しくない訳がない!うまうま!

f:id:bumpy_ride:20160321130246j:plain

そして帰路は奥琵琶湖パークウエイを越えて戻る予定だったのですが、残念ながら通行止め。少し戻って岩熊第二トンネルから戻ってきました。

それにしても、終日暴風に悩まされた一日でしたが、景色とグルメはめっちゃ堪能できて楽しかったです(^^)

 

走行距離:59.6km
走行時間:3:01:42
総合時間:5:33:14