読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極寒の長浜グルメライド

今回は、かとけさん、いまいさん、カズさんのロングライドメンバーで長浜までグルメライドに行ってきました。
当初は、私のブルベ300kmチャレンジに向けての稽古として走行距離250kmを目標に、敦賀まで海鮮丼を食べに行く計画だったのですが、日本海側は悪天候ということで少しショートカットして長浜までの往復180km弱のライドとなりました。

走ってきたコースはこちら。

今回、距離は短くなりましたが真冬並みの寒さの中のライドとなり、来年2月と3月にエントリーしているブルベに向けて冬装備の確認には丁度良いテストになりました。今回の装備について備忘録がてらメモをアップします。

ウエアーは、パールイズミのウインドブレークジャケットとウインドブレークビブタイツ(上下共に5℃対応)の組み合せに、さらに薄手のウインドブレーカーを重ね着。
インナーは、ファイントラックのドライレーヤーにベースレイヤーとしてパールイズミヒートテックを組み合せ。
真冬ライドで重要なのが汗冷え対策だと思うのですが、このドライレイヤーとベースレイヤーの組み合せは真冬ライドでは本当にオススメです。
小物類は、冬用グローブ、イヤーウォーマー、ネック(フェイス)ウォーマー。足先は、シューズカバーを持っていないので、冷え対策に靴下の上に貼るタイプのカイロをバックパックに入れて行きました。
あ、あと今回は雨に降られた場合に備えてヘルメットの下にサイクルキャップをかぶっていったのですが、これが結構暖かくて良かった。(実はサイクルキャップをかぶって走るのは初めて)

出発時の気温は、手元のガーミンの温度計によると出発時の気温は−0℃とかなりの冷え込み。その後もお昼近くになっても気温は上がらず2℃から5℃の間をうろうろ。
それでも走っていれば汗ばむくらいで、ネックウォーマーはすぐに外しちゃったのだけども、信号待ちやコンビニ休憩で止まると、あっという間に冷えて寒い寒い。

f:id:bumpy_ride:20161217104944j:plain

関ヶ原で立ち寄った有名な精肉店。コロッケが美味しかった!


昼過ぎに関ヶ原を越えて米原に入った辺りで、ようやく気温が6℃くらいまで上がってくれて寒さが和らいできた。経験的に5℃が体感的な寒さの辛さの境目かな〜と。

f:id:bumpy_ride:20161217121808j:plain

伊吹山にも少し雪がかかっていました。

そして、長浜でグルメと黒壁スクエアの街並を堪能〜

f:id:bumpy_ride:20161217132706j:plain

f:id:bumpy_ride:20161217130858j:plain

↑鳥喜多さんの親子丼。めっちゃ美味しかった!

f:id:bumpy_ride:20161217144617j:plain

帰路は関ヶ原からの下りで雨に降られ、気温2℃でのシャワーライドという極寒ライドに。。。上半身は、薄手ウインドブレーカーがカッパ代わりになって良かったのですが、下半身は水が染みてきてめっちゃ寒かった。特にシューズは完全に水没して足がもげるかと思うくらい冷たくなってました。あと、お尻のパットも後輪がはねた泥水が直撃してドボドボのスポンジ状態になって気持ち悪いやら冷たいやらでなんとも...(^^;;
大垣に入りなんとか雨雲から逃げる事ができたのですが、日も暮れて濡れたウエアはそう簡単には乾かず、あまりの寒さにどこかでウエアを乾かそうというということで、スーパーのフードコートに避難。
スガキヤのラーメンで暖まりつつ小一時間ほどまったり。

f:id:bumpy_ride:20161217174719j:plain

お尻のパッドは冷たいままですが、その他はだいたい乾いたので、リスタート。走り出しこそ寒かったものの、しばらく走れば体も温まり、残り40kmほど走って21時半過ぎに帰宅〜。

コースをショートカットした分、グルメスポットで相当まったりしたので、結局夜遅くの帰宅になりましたが、たくさんお話も聴けてめっちゃ楽しかったです(^^)

 

今回のまとめ

  • 真冬のブルベも基本的には今回の装備でなんとかなりそう。
  • サイクルキャップは寒さ対策としても有効!もちろん、雨が降るなら必須のアイテム。
  • ネックウォーマーは、脱着時にヘルメットを外さないとダメなので不便。マジックテープ式のフェイスウォーマーを探そうかと思います。
  • 雨対策としてシューズカバーは必須。